FC2ブログ

C.K.Terra Kennel:エアデールテリア&ワイアーフォックステリア

エアデールテリア&ワイアーフォックステリアのプロブリーダーハンドラー C.K.TERRAの黒須千里発信のテリア的ライフです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スタンダード&タイプ 基本の骨格構成

Lecheは本日交配日から60日目ですが少し出産準備に入ったようです。
朝からつまみのチーズやレバーの水煮・鶏肉などは少し食べますがフードを一切食べなくなりました。
落ち着かなくなり・陣痛は約い時間間隔になってきています。

413818_2726980607416_1044199978_32552475_1470638946_o_20120111125256.jpg

今日~明日にかけてはLecheのそばにいようと思います。
落ち着いている間に・・・
少しブログをアップしておこうと思ってはいるのですが・・・
犬舎の子達とLecheと・・・とやっているとこのブログ書き始めてもう2時間位立っているんですよ(笑)))
これしか進んでいませんが・・・

IMG_20120101_144426.jpg

Super Duperの写真です。
1月の初めに送られてきました。
コートが全然ない(爆)))
この状態でワイアーのオスのメジャーを作るのに協力だそうです
アメリカンな考え♪
絶対勝たせないから任せておいて♪と言われましたよ(爆)))

332859_2726985487538_1044199978_32552485_1996560347_o_20120111125027.jpg

2・3日前はこんなに余裕があったのに・・・
まあ、60日を過ぎてもらった方がこちらとしては安心なので・・・

335421_2726984727519_1044199978_32552483_1532547284_o_20120111125026.jpg

今日は少し骨格についてクラブなどで出しているパブリックインフォメーションからピックアップした物をこの後アップしておきました。
ワイアーについては理想の骨格とティピカルな骨格と例があったので両方載せています。

337862_2727213693243_1044199978_32552534_1820483399_o_20120111125026.jpg

骨格構成はグルーミングする上でもショーする上でも大切なことです。
これがアバウトだとアバウトなトリミングだったり、何で????というようなハンドリングになってしまうのです。
骨格が分かると必然的にどのように動くのかとかが分かってきます。

410807_2734027583586_1044199978_32555432_1297254062_o.jpg

そこからいろんな応用が出来るようになっていきます。
何所に筋肉をつけたらいいのか・補えるのか・補えなかったらどうしようか???
と考える材料になります。

411463_2734040463908_1044199978_32555465_1890829824_o.jpg

ワイアー・スムース フォックステリアは完璧な振り子歩様を持つテリアフロントと言われています。
パスターンは完全停止のスティック状態です。
テリアフロントって???

レークランドはテリアフロントですが振り子歩様は完璧なという表現はありません。
その代わりにリーチィーネックという表現があります。
この表現はワイアーにはありません。

そしてウエルッシュもテリアフロントではありますが完璧な振り子は求めていません。
そしてリーチィーネックも求めていません。

エアデールは・・・テリアフロントですがパスターンの若干の稼働を認めています。

ケリーはテリアフロントですらありません。
下はワイアーエアデールケリーの骨格図です。

411948_2734025423532_1044199978_32555426_675563373_o.jpg


まず下の図は世界中のフォクステリアクラブが求めている理想の骨格図です。
ただいろんなとこに無理があり・・・
今日の多くはこのようなフロントには成っていないそうです。
私もそう思いました。
shoulder_pelvis_2.jpg
そしてこちらの1が今日よいとされているワイアーのティピカルな骨格図。 
肩は良く寝ていて骨は長い。
2は骨の長さが足りてない上に肩が立っている。
3は骨の長さはあるが方は2よりも立っている。
FOX Terriers Standerd.
こちらは後肢の図です。
こちらも1が良い後肢の例です。
2・3・4と悪い所は違いますが段々悪くなっていきます。
FOX Terriers Standerd.pdf - Adobe Reader
そしてこちらからはエアデールの図です。ワイアーと比べてみて下さい。
違いが出てきます。
この大きさゆえにワイアーのような形ではキープ出来ないのです。
その違いが動きにも表れてきます。
CCF20120110_00001.jpg
Aが良いとされているフロントの図です。
B・Cは悪い例で、Dは他犬種のテリアフロントではない子達の図です。
CCF20120110_00002.jpg
そして後肢
Eが良い例です。
FとHは悪い例です。
Gは基本的グルーミング例です。
CCF20120110_00003.jpg
こちらはケリーブルーの骨格図です。
エアデール・ワイアーと全く違います。
CCF20120110_00000.jpg
詳しい説明は今回は省きます。
基本的に私は自分たちでこういう資料を見つけ、海外の言葉を訳し自分の物にする方が頭の中に残ると思います。
この他にも骨格のしかもフロントとリアの説明だけで30ページに及ぶ資料やタイプとは???の説明に40ページ費やしている資料など・・・探すと沢山出てきます。
ケリーもコートについて10ページ以上書かれていたり・・・
ワイアーも時代によって少しずつ変わっていたり、国によってすこし解釈が変わっていたり、どれも正解なのだと思うのでこれが正しい!!という風には書きたくありませんでした。
今回もリクエストで分かりやすく説明して!!という物がなければこの骨格図も載せるつもりはなかった位です。
これが皆さんの犬種理解の約に少しでも立ちますように・・・♪

※今回利用した資料はダウンロードしてもいいようになっている物のみを利用しています。

にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
にほんブログ村
↑のクリックをお願いします。ブログランキングに参加しています。
お手数ですがた―ちゃんの可愛いニヒリ顔にクリックをお願いします!!


413780_2653705335580_1044199978_32514557_672063675_o.jpg

エアデールテリアの子犬生まれます!!

2008_0518white0133.jpg(アメリカンなLeche)

エアデールテリアの子犬のオーナーさん募集しています!
交配相手はアメリカの名門Celtic Kennelの子でLecheの血統にも入っているハンサムボーイです!!
今回はアメリカのスタイリッシュさ・美しさをなくさないための交配です。
Lecheとはタイトなラインブリーディングになります。
この交配によって後から前回の交配犬達と混ぜていけるように動いています。
久しぶりにアメリカン・アメリカンな陽気なエアデール達の誕生となるでしょう(笑)))

2008_0513blog2.jpg(アメリカンなLeche)

Lecheがpuppyの時です(かわいかった・・・)
そしてワイルドだった!!
楽しみ~~~~♪

Henry3.jpg

顔の美しいHenry君❦
henry8.jpg

私がアメリカにいた時に取り上げた子です!!

私の大好きなErick様の息子にして2004年ウエストミンスターBOBウィナー
驚異のエリート犬しか勝てないモントゴメリーウィークエンドのショーのみのエントリーにてアメリカンチャンピオン完成のスーパードッグです!!
3日出して毎日Best of Winnerになり、一度は一度は1stアワードもクラスから取ってしまった子です。


2008_0616ブログ7
(アメリカンな子犬達)

Lecheの子達はもうその次の交配プランも考えた交配になっています。
これからがとても楽しみです!!

来年はもう少し交配の予定があります。
次回とその次はアメリカのメスにイギリスのダンディーな子をかける予定です。
こちらも予約が入り始めています。
イギリス・アメリカの一代MIXのちょうどいい所でまとめていきたいと思っています。

2008_0616ブログ4
(アメリカンな子犬達)

基本的に我が家の子達は底抜けに明るいです。
アメリカン・アメリカンの掛け合わせの子達はいつまでも若く子供っぽい所があります。
リトルデビルっ子!!早く生まれておいで~♪
参考のために写真の子犬たちにアメリカンかイギリス系の血が入った子か書いてみました。
写真でもわかる通り、アメリカンな子達は写真に撮るのが精一杯でいつも狩りごっこをして遊んでいます。
とにかくわんぱく坊主たちで目が離せません。
イギリス系の子はおっとりしていて写真にとても撮り易いですし集団行動がとてもお上手です。


2009_0815_104944-DSCF4300.jpg
(こちらはイギリス・アメリカのハーフ)

ご購入を検討している方はアメリカ系がいいのか、イギリスの血が入った子がいいのか考えた上連絡ください。
どちらの交配もメスの予約は埋まりつつあります。
基本的に交配は残すための計画繁殖ですので我が家に残ることが優先されますのでよろしくお願いします。
オスの方が確実にお渡しできると思います。


2009_0809_100653-DSCF4174.jpg
(イギリス・アメリカのハーフ)


もうすぐチビチビ大行進です!!
今回の交配では顔の凄く綺麗な子達がたくさん出ると思いますよ♪
両親共に顔が凄く綺麗な子達ですから!!
楽しみ~♪


チークは絶対に貼らず、プレインはきっちりレベルで、目型は大きすぎない綺麗なアーモンド・・・で奥まった位置についていておでこが角のように突き出していないスッキリとした頭部。
マズルも下あごがしっかり発達してチークからマズルまでのラインも先細りしすぎない綺麗な中にしっかりとしたテリアが感じられるヘッド!!
重すぎるヘッドを力強いと勘違いすることもありますがリブの張っていない犬種ですのでヘッドも張ってはいけない犬種!!
私がこだわるヘッドの綺麗な子達が生まれるといいなぁ~♪


2008_0717蜀咏悄0015_convert_20080717194659
(アメリカンな子犬

DSC_0659.jpg
(イギリス・アメリカのハーフ)

そして大変お待ちいただいているワイアーの方もですが、予定しているオスの来日が2月となりました。
その他に東京インターからアメリカの犬舎の一頭が仲間入りしました。
この2頭とメスたちの交配したいと思います。

一年前の子犬の時に間に合わずそのまま予約となっている方もいて大変心苦しく思っています。
ただただいる犬で間に合わせたくはなく、前回の交配で決めた方向転換のせいでこんなにお待たせしています。

2010_0103_112822-DSCF5730.jpg(Socie)

生まれた子犬達はきちんとした環境で愛情を持って育て、愛してくれる家庭にお渡ししたい・・・と思っています。

ワイアーは私の方針転換からペットで可愛がって頂ける方をメインにお渡ししていこうと思います。

ショークオリティーの子が生まれた場合は我が家ですべてを残す方向で考えています。

ワイアーの予定は

来年1月からになりますが、アメリカ系のメスにヨーロッパの有名犬舎出身のオスをかける組み合わせとアメリカ系×アメリカ系の組み合わせになって行きます。

2010_0106_072055-DSCF5777.jpg(バニラ)

その後はイタリアからの秘蔵っ子が来年ショーを走りますが引退したらヨーロッパの犬と交配する予定です。
ここは力を入れていくのでヨーロッパに送っての交配になると思います。

2008_0816写真0033

子犬はエアデールテリア・ワイアーフォックステリア共に予約受付のみとなっております。


taffe_2B_20100622094713.jpg
上の写真はたーちゃんのショードッグ時代です。

エアデールの方は予約開始しました。

ペット・ショードッグ共に予約開始しました。
血統・構成共によく考えての交配にしたいと思っています。
基本的には予約順に子犬をお渡ししていましたので子の交配で欲しい方はお早めにお願いします。


その他にもフォスターペアレントとしてエアデールテリアのメスのオーナーを募集していますので連絡お待ちしています。

次回の交配予定は
AiredaleTerrier・・・2012年1月15日前後出産予定
Wire Fox Terrier・・・2012年 1月頃交配予定


当犬舎ではより良い犬を作るための計画繁殖のため、交配回数を厳選しております。
雄犬・雌犬も厳選し、血統・構成・相性などを良く考えた上での交配としています。
雌犬の交配回数も一匹3回までとし、健康にそして健全な子犬達を作ることを最低ルールとし、きれいな構成のAiredale Terrier・Wire Fox Terrierを作ることを目的とし、雄犬は当犬舎の雌犬の欠点をカバーし、その交配のテーマに沿った犬であることを最低条件に血統や血の相性を考えながら選んでいます。
アメリカのドッグショーブリーダーハンドラーの下で学んだことをもとに繁殖・ショーをしています。

当ケネルは、パピィーミル・バッグヤードブリーダーではありませんので、通年を通じて常時お譲りできる子犬がいるわけではありません。

また、パピーたちはこちらで愛情を持って離乳・トイレトレーニングやゲージトレーニング・パピーソーシャライズなどを行いながら育て、生後2か月を過ぎてからのお渡しとなります。
お引き渡し時には、2回以上の予防接種・健康診断・2回以上の駆虫・マイクロチップの装着が済んでおります。

尚マイクロチップは何かあった時に私の所に戻れるように・・・というブリーダーの願いが入っていますので、基本的に名義変更は出来ません。

引き渡しは子犬のメンタルや月齢を考えて空輸はいたしておりませんので近くのショーに行く時に待ち合わせての引き渡しか、こちらに来ていただく形になります。

毎回テーマとポリシーをきめての熟慮したものとしておりますのでお早目の予約をお願いします。

残すことを主に考えたブリーディングプランですので、できるだけ長く残して育てて最終的に残す子を決め、それ以外の子はかわいがってくださるご家庭にお譲りしたいとおもっています




当犬舎のエアデール・ワイアーと過ごすに当たってのサポート(耳貼り・トレーニング・グルーミングなど生活する上での必要なことなど)もいたしますのでパピ’Sが気になっている方の連絡お待ちしています♪

また遠くて直にお世話できない方達には知り合いの私が認めているテリアマンの方をトータルサポーターとして紹介していますし、トレーニングについてもテリアの性格を考え、つぶさず楽しく教えてくれるトレーナーの方を紹介しています。我が家のテリア’Sは筋金入りの頑固者のオチャらけっ子たちですから(笑)・・・


テリア’Sとの知恵比べに負けないようにサポートしております♪

にほんブログ村 犬ブログ テリアへ
にほんブログ村
↑のクリックをお願いします。ブログランキングに参加しています。お手数ですがよろしくお願いします!!
スポンサーサイト



| Grooming | 15:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

勉強になりました

さあ楽しい犬の話をしようじゃないか(http://bodoni.blog26.fc2.com/) さん から 伺いました
大変勉強になりました
ありがとうございました

| マーブルパパ | 2012/01/16 22:25 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ckterra.blog61.fc2.com/tb.php/357-a63469f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT